大場ももか(フルコンタクト空手)がかわいい!WIKI風プロフ!身長や過去の成績が気になる!

      2016/07/25

女子フルコンタクト空手界で(軽量級)最強クラスの実力を持ち、
そのビジュアルも女子フルコンタクト空手界最高クラスの大場ももか選手が可愛いと評判だ。
第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会で、昨年の雪辱を果たさんと準決勝進出を決めたが、
空手家特有の凛々しさが眩いくらいの大場選手について調べてみた。




スポンサーリンク


WIKI

おおば ももか
空手道無限勇進会 所属
初段
千葉県千葉市出身
2011年卒業東金中学 → 2014年匝瑳高校卒業 → 和洋女子大学在籍中

空手一家

御尊父の大場貴史氏は、大場ももか選手が所属する無限勇進会の館長、
御母堂も2006年から無限勇進会に所属、
別会派に所属する弟さんと、無限勇進会に所属する弟さんがいる思われる。

大場貴史館長の経歴を調べてみたがネット上では詳しい情報はなかった。
都立墨田工業高校卒で、大場ももか選手の年齢から想像するに40歳前後と思われるので、
世代的に多分、(分裂前の)極真会館出身者と思われるが実際のところも不明。

英才教育

5歳から御尊父・大場館長のもと空手を始める。
大場館長は空手に真摯に取り組む方のようで、来る日も来る日も基礎稽古の繰り返しだったようだ。

中学に入り、勉強やバスケ部が忙しくなると、ついつい道場から足が遠のき、
ついには、練習に通わなくなってしまったそうだ。

それが、
ひょんなことで、強豪女子空手家と練習することがあり、
その女子空手家の強さと美しさに感動。
空手愛に目覚め、厳しい修練に精を出すようになったとのこと。

もともと、御尊父から徹底的に基礎を叩き込まれていたおかげで、
ブランクをものともせず、あっという間に全国TOPレベルの女子軽量級フルコンタクト空手家に成った。
 

身長

157cm
体重は48Kg

身長は全国平均レベルだが、
体重は全国平均を数キロ下回る。
かなりの筋肉質であろうことを考慮すると、かなりほっそりした体格と思われる。




スポンサーリンク


過去の戦績

2013年03月 第10回全国女子 空手道選手権大会 軽量級 2位
2014年05月 第25回東都空手道選手権大会 一般女子の部  3位
2014年05月 第6回全日本選手権大会 一般女子重量級  優勝 
2014年06月 第30回全日本ウェイト制選手権大会 女子軽量の部 4位   
2014年08月 関東学生空手道選手権大会 学生女子の部 優勝
2014年09月 極真会館第6回 埼玉県空手道交流大会 一般女子 優勝
2014年11月 KWF世界大会 女子軽量級 3位
2015年05月 JFKO 第2回全日本フルコンタクト空手道選手権大会 女子軽量級の部 準優勝
2015年08月 第16回全国ジュニア空手道選手権大会 2015清武会カップ 女子軽量級の部 優勝
2015年09月 清武会交流大会 一般女子中上級 優勝
2016年02月 ユーラシアオープン2016 第3回国際親善空手道選手権大会 一般女子軽量 3位

5/22 第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会 準決勝&決勝

昨年は惜しくも準優勝だった大場選手。
今年も順調にベスト4まで残った。

今年は是非とも優勝してほしいところではあるが、
昨年の相手、第2回全日本フルコンタクト空手道選手権大会覇者の菊川結衣(芦原会館)もベスト4に残っている。

菊川結衣(芦原会館)

身長148㎝と、大場選手より10cmも小柄ながら、体重は大場選手と同じ。
得意技が突き(パンチ)だというから、
相手からしたら、下から重いパンチが弾幕のように打ってこられる厄介な相手。
突きが得意というのは、高い次元での相対的選択で、足技も高いレベルのモノを持っている。
ハートも試合場では十分すぎるほどの”熱さ”を持っている。

難敵ではあるが、大場選手には練習の成果を存分に発揮して欲しい。




スポンサーリンク



以上

 - フルコンタクト空手 , , , , , , ,