桒嶋姫子(体操)のWIKI風プロフ!身長と体重!出身校と進学先が気になる!

   

桒嶋 姫子(くわしま きこ、2001年10月26日 - 15歳)は、日本の体操選手。千葉県出身か? 戸田市立入曽中学校3年生(2016年8月現在)。戸田市スポーツセンター所属。

経歴

千葉県時代

小学3年のときに、
千葉県船橋市にある千葉県の体操クラブ・健伸スポーツクラブの一員として、2010年の第29回千葉県ジュニア体操競技小学生交歓大会に出場している記録が見える。結果は小4~小6を抑え、見事個人総合優勝を果たしている。

埼玉県戸田市時代

小学6年生のときまでに千葉県から埼玉県戸田市に移っていたようで、2013年の全日本ジュニア体操競技選手権大会 女子Aクラスにはトダーズ所属で出場している。結果は個人総合25位。ちなみに、後に周囲から同年齢でのライバルと目される大口真奈選手は6位となっている。
※トダーズとは、体操の名門クラブ・戸田スポーツセンター器械体操部が運営する体操クラブ。

中学1年のとき、
全日本選手権に戸田市スポーツセンター所属で出場。種目別の平均台で6位入賞を果たしている。
全日本ジュニア体操競技選手権大会 女子1部では個人総合35位。
第68回全日本体操競技団体選手権大会では、団体2位に輝く。

中学2年の時に才能がブレイクする。
全日本ジュニア体操競技選手権大会では中学2年生では最高位の個人総合9位。団体では優勝。
全国中学校体操競技選手権大会では、個人総合・団体ともに優勝。
国際ジュニア体操競技大会では、種目別の跳馬で優勝。
全日本体操競技団体選手権大会では団体3位。
カナダ国際では、種目別の跳馬で3位。

そして中学3年生になり、
全日本体操競技個人総合選手権大会では中学生最高位となる個人総合15位。
環太平洋選手権大会では、個人総合で優勝。種目別でも跳馬・平均台・床で優勝。
全日本体操種目別選手権大会では、平均台で銀メダル。
全日本ジュニア体操競技選手権大会では、個人総合で中学生最高位となる6位。団体は優勝(3連覇)。
全国中学校体操競技選手権大会では、個人総合・団体ともに優勝、2連覇。




スポンサーリンク


身長・体重

ネット上で身長に関して明記している情報は得られなかったが、同年齢のライバル・。大口真奈選手と並んでいる写真で、142cmの大口選手より若干低いように見えるので、140cm切るか切らないかくらいだろ思われる。
体重は、身長140cmの寺本明日香選手が30Kgなので、桒島選手も30Kg前後の体重かと想像する。




スポンサーリンク


出身校と進学先

出身小学校名は不明。中学校は埼玉県戸田市立新曽(にいぞ)中学校。

進学先は不明だが、新曽中学、そして戸田市スポーツセンター器械体操部の先輩である小池優亜選手が、ツイッターで「来年は姫子と一緒に(インターハイ)3連覇だ!」と述べていること、新曽中学・戸田市スポーツセンターと近いことから、小池選手と同じ戸田市立翔陽高等学校に進学するものと思われる。




スポンサーリンク


まとめ

年々層が厚くなる女子体操界。
桑嶋選手の上も厚いが、桑嶋選手の同学年、下級生にも有望な選手がドンドン育ってきている。
2020年の東京五輪の代表候補の中核となるであろう世代の層が厚いことは一ファンとして心から歓迎したい。

アスリート・タイプの選手に有利と言われる現在の体操の採点制度は、桑嶋選手のような筋肉質な選手の追い風となると信じている。今後も桑嶋選手から目を離せそうにない。

以上

 - 体操 , , , , ,