長﨑美柚(卓球)のWIKI風プロフ!世界ランキングは?身長と体重は?

      2017/02/23

長崎 美柚(ながさき みゆう、2002年(平成14年)06月15日 - (15歳) )は、日本の女子卓球選手。神奈川県海老名市出身。JOCエリートアカデミー所属。戦型は左シェーク両面裏ソフトドライブ型。座右の銘は「一球一球大切に」。2017年02月現在の世界ランキングは76位、自己最高世界ランキングは76位(20017年02月)。




スポンサーリンク


黄金世代を脅かす存在

福原愛選手以来3人目の全日本卓球選手権バンビ・カブ・ホープスの3階級制覇を成し遂げ注目を集める。小学生6年生の時点で身長160cm・体重44kgと恵まれた身体を持ち、運動神経も良い。大型でスピードのある選手が増える海外勢に対抗できる素材と評価される。小学生時代にフォアでもバックでも安定したドライブを放つ器用さを習得している。その恵まれた体から繰り出される打球は既に世界クラスと評価する声もある。

経歴

御祖父の隆夫氏が元時神奈川大学卓球部の監督。その縁で5歳で卓球を始める。元々はバレーボールをやりたかったそうだが、隆夫氏のご褒美を上手く使った指導法で、長崎選手は一挙に卓球にのめりこんでいく。ちなみに叔父上が現・駒澤大学卓球部監督の隆志氏、卓球界のサラブレッドだ。

3階級制覇

小学校は海老名市立大谷小に通う。
全日本卓球選手権の小学生部門は2学年刻みで部門分けされている。
小学2年生以下のバンビの部、小学4年生以下のカブの部、小学6年生以下のホープスの部。3部門を略してバカホと呼ぶこともある。
長崎選手は、2年生でバンビの部優勝、4年生でカブの部優勝、6年生でホープスの部優勝と、福原愛選手以来3人目の全部門制覇を成し遂げた。
3年生の時はカブの部準優勝、5年生の時はホープスの部準優勝を獲得しているので、まさに同世代敵無しと言える。

2015年03月のITTFジュニアサーキット・イタリアジュニア&カデットオープンでは、カデット女子シングルスで優勝。

2016年08月の全中学 女子シングルスで優勝を果たす。




スポンサーリンク


JOCエリートアカデミー

2015年4月から全国の俊英が集まるJOCエリートアカデミーに8期生として入校。東京都北区赤羽の稲付中学に入学。

ジュニアの世界大会でも下記のように溢れる「優勝」の文字。もはや世界レベルでも、ジュニア大会をメイン・ステージにする選手達の中では敵無し状態になりつつある。

2015年05月 ポーランドジュニア&カデット カデット女子シングルス3位
2015年08月 ITTFジュニアサーキット・香港ジュニア&カデットオープン カデット女子シングルス準優勝
2015年08月 韓国ジュニア&カデットオープン ジュニア女子シングルス3位
2015年09月 チャイニーズタイペイジュニア&カデットオープン カデット女子シングルス3位
2015年11月 ITTFジュニアサーキット・ハンガリージュニア&カデットオープン カデット女子シングルス準優勝
2015年11月 スロバキアカデットオープン 女子シングルス優勝
2016年02月 ITTFジュニアサーキット・フランスジュニア&カデットオープン ジュニア女子シングルス3位・ジュニア女子団体3位・カデット女子シングルス優勝
2016年03月 ITTFジュニアサーキット・イタリアジュニア&カデットオープン カデット女子シングルス優勝
2016年05月 ITTFジュニアサーキット・スペインジュニア&カデットオープン カデット女子シングルス優勝・ジュニア女子優勝・ジュニア女子団体優勝
2016年07月 ITTFジュニアサーキット・香港ジュニア&カデットオープン カデット女子シングルス優勝

世界ランキング

世界ランキング最高位は93位(2016年08月)。

小学6年生時のインタビューで、「まずは世界ランキング200位以内。その次に世界ランキング100位以内を目指す。」と発言しているが、その発言からわずか2年、14歳037日で世界ランキング100位入りを実現している。

14歳037日での世界ランキング100入りは、平野選手(13歳233日)・早田選手(13歳303日)より遅く、加藤選手(14歳082日)・浜本選手(15歳040日)より早い。
早田選手、浜本選手ともに100位入りから1年以内に50位入りを果たしている。長崎選手が目先、どのクラスの選手になるのかという意味で、今後半年から1年の長崎選手の成長速度は目が離せなくなりそうだ。

nagasaki miyu




スポンサーリンク


まとめ

福原・石川選手にとって、伊藤選手・平野選手・早田選手ら所謂「黄金世代」の存在は、かなりの刺激になっているそうだ。石川選手から見て、石川選手の同年齢の頃と比べて黄金世代のプレイはミスが少ない、と評している。卓球ファンの間でも黄金世代のプレイは一打一打に意志があり、黄金世代のプレイは説得力が濃いとの声もある。

次から次に才能と力を持ったビジュアルの良い選手が登場してくることは女子卓球界にとっては好材料。
長崎選手が新陳代謝を強制的に促せるような力のある選手に成長してくれることを祈ってやまない。

以上

 - 卓球 , , , ,