木原美悠(卓球)のWIKI風プロフ!先輩達の軌跡と比較してみた!世界ランキングは!

      2017/02/23

木原 美悠(きはら みゆう 2004年(平成16年)08月03日 — 13歳)は、日本の女子卓球選手。兵庫県明石市出身。ALL STAR所属。右利き。プレースタイルは右S裏粒前陣攻守。明石市立二見西小学校在学中(2016年8月現在)。身長160cm(2016年1月)。姉・兄・弟の4人姉弟の3番目。2017年02月現在のITTF世界ランキングは148位、自己最高世界ランキングは148位(2017年02月)。




スポンサーリンク


来歴

ブレイク前夜

4歳で御尊父・御兄姉の影響で卓球を始める。
御尊父は高校時代に卓球に打ち込み、御令兄・御令姉ともに学生全国大会に出るほどの強豪として活躍する。2012年に御尊父は地元明石市に卓球教室「ALL STAR」を開設。木原美悠選手も「ALL STAR」所属となる。

2010年に全日本選手権バンビ(小学2年生以下)女子シングルスに5歳で出場。
3回戦で平野世和選手(平野美宇選手の次妹)に2-3で惜敗。
これが、数年ぶりの天才小学生旋風の幕開けだった。

ブレイク

2011年
全日本選手権バンビ(小学2年生以下)女子シングルス 優勝

2012年
全日本選手権バンビ(小学2年生以下)女子シングルス 優勝
全日本選手権カデット 女子13歳以下シングルス 3回戦敗退

2013年
全日本選手権カブ(小学4年生以下)女子シングルス 準々決勝敗退
全日本選手権カデット 女子13歳以下シングルス 3回戦敗退
  
2014年
全日本選手権カブ(小学4年生以下)女子シングルス 優勝
全日本選手権カデット 女子13歳以下シングルス 5回戦敗退

2015年
全日本卓球選手権 ジュニア女子シングルス 4回戦敗退
(高校生○ → 高校生○ → 高校生○ → 高校生●)
ジャパントップ12 女子シングルス 出場
全日本選手権ホープス(小学6年生以下)女子シングルス 優勝
全日本選手権カデット 女子13歳以下シングルス 優勝

2016年
全国ホープス選抜大会 女子団体 優勝
全日本卓球選手権 女子シングルス 3回戦敗退
(大学生○ → 社会人○ → 大学生●)

2011年から「同世代敵無し状態」に入る。
2012年には早くもジュニア大会にも参戦。
2015年には全日本卓球選手権のジュニア女子シングルスで高校生3人に連勝。
2016年には全日本卓球選手権の女子シングルスで、大学生と社会人を破り3回戦まで進んだ。

最年少記録や最年少2位タイ記録を作りながら、世界ランキング182位(2016年09月05日現在)に位置している。
 




スポンサーリンク


先輩選手たちの軌跡との比較

織田がつき羽柴がこねし天下餅すわりしままに・・・。ではないが、”愛”がつき”佳純”がこねし日本女子卓球界。二人の活躍を見て奮起した少女達が伊藤選手を筆頭に語られる所謂「黄金世代」も参戦し、誰が日本人初のシングルスのメダルを獲るか熾烈な争いを繰り広げている。

もちろん、卓球は一人ではプレイ出来無い。福原選手や石川選手が成長の過程で鎬を削ることが出来るレベルの高い選手たちがいたからこそ、今の女子卓球界が有る。

さらに”黄金世代”以外にも、早熟の天才に続けとばかりに、多くの若い世代の選手たちが目覚ましい活躍をしている。

そんな中で、久々に一人で”旋風”を巻き起こしたのが木原選手。木原選手が歴代の天才少女と呼ばれた選手たちと比べて、どのような位置にいるか興味が湧いたので調べてみた。

 福原愛石川佳純伊東美誠平野美宇木原美悠
09歳484
10歳300813
11歳149388164
12歳12668182176
13歳764204853
14歳54148933
15歳2659916
16歳2447
17歳1611
18歳128
19歳127
20歳299
21歳1510
22歳84
23歳95
24歳8
25歳9
26歳11
27歳4

注記
最新ランキング発表月が誕生月と同じ場合は、発表日・誕生日にかかわらず年齢が加算される月とみなしてある。
同一年齢で複数回ランキングが発表された場合は、最も順位が高いものを、その年齢での順位としてある。


参照サイト
MNN - Moch's Net News - http://mo-ch.info/celebrity/fukuharaai-ishikawakasumi-ranking
卓球ポータル http://tabletennis.jp/column/woman-table-tennis-player-world-ranking-transition

伊藤選手や平野選手があまりにも早熟だったため、かなり久しぶりの”出現”に感じるが、こうしてみると、伊藤・平野選手と木原選手の年齢差は、福原選手と石川選手の年齢差よりも小さいことがわかる。福原選手が早熟だったため石川選手の出現が遅く感じるの点も似ている。

福原選手と平野選手が、約6年で同じ世界ランキング16位。
石川選手と伊藤選手が、世界ランキング一桁入りするまでに約6年。
ということは、あと約4年の内に、木原選手が世界ランキング10位入りするかどうかで、石川・伊藤タイプか、福原・平野タイプかのイメージが出来そうだ。

最後に

いくつかの最年少記録を塗り替えたり、2位タイの記録を挙げたりと、順調に成長している木原選手。あまりにも早い成長スピードに同世代の”将来”の好敵手がついてこれていない感があるが、そう遠くない将来に同世代の好敵手も次々と現れるだろう。

小学6年生で160cm超えしたバランスのとれた体躯。卓球一家。レジェンド福原を尊敬する熱いハート。燃え盛る日本女子卓球界の熱を受け継ぐ逸材となることを強く期待していやまない。




スポンサーリンク


 - 卓球 , , , ,