佐藤瞳(卓球)のWIKI風プロフ!世界ランキングとラケットとラバーが気になる!多くの期待を集める理由は?

      2017/02/23

卓球のワールドツアー//クロアチア・オープンで、5月27日に佐藤瞳選手がフル・ゲームの末に福原愛選手を破る金星を挙げ準決勝へと進んでいる。
実力者(後述)で、ビジュアルも良く、年齢的にもまだまだ伸び代が大きい「佐藤瞳選手」について掘ってみた。




スポンサーリンク


WIKI風プロフィール

さとう ひとみ
生年月日:1997年12月23日
身長:2016年5月現在、ネット上では不明だが、伊藤美誠選手(156cm)と並んだ画像から判断すると160~165cmくらいと思われる。
体重:2016年5月現在、ネット上では不明だが、石川佳純選手・福原愛選手と同じ感じの体格なので、BMI値20前後になる体重だと思われる。

小学2年生のとき南茅部スポーツ少年団で卓球を始める。

函館市立尾札部(おさつべ)中学校~私立札幌大谷高~ミキハウス

グリップ:シェイクハンド
戦型:カット主戦型
利き腕:右

ラケット&ラバー

ラケット:特注(5枚合板)
フォア面ラバー:テナジー 64
バック面ラバー:フェイントロング2

ラケットはハッドロウではないかと言われている。

画像は「バタフライ(Butterfly) ハッドロウシールド FL カット用シェーク」

フォア面ラバーのテナジー64は、

ボールを包み込み、回転をかけて高速の打球を放つことができる『テナジー・64』は世界のトップ選手も認めるスピードラバー
卓球ナビ様http://takkyu-navi.jp/より

バック面ラバーのフェイントロング2は、

世界中のカット主戦型から愛され続けている。~(中略)~変化とコントロール性能を兼ね備えている
バタフライ様http://eshop.butterfly.co.jp/より

ランキング

2017年02月現在の世界ランキングは17位、自己最高世界ランキングは17位(2017年02月)。

2013年5月に世界ランキング入りしてから約3年で約260位もランクアップしている。




スポンサーリンク


期待される理由

期待される理由は大きくわけてつある

戦型

既に上で触れているが、佐藤選手がカットマンであることが最も大きい。
現在ではカットマンは稀少なプレイスタイルとなっている。

何故稀少なのか?
多くのスポーツに共通する事だが、勝利への最短距離を目指すのが主流。
卓球も例外ではなく、合理的効率的に勝利を得る戦型が良しとされている。
それに対して、カットマンという戦型は、カットマン以外の戦型を取る人からみて、
あまりにも無駄が多いと思われているからだ。
その傾向は、世界レベル、とくに世界トップレベルで顕著で有り、
世界トップレベルの選手でカットマンという戦型をとる者はごく一部である。

カットマンが勝利を得るための最短距離では無いとされる理由は、
・習得すべき技術や知識が多い。
・基本、受け身の戦法であるため、主導権を取れず、相手に振り回される。
などがあるようだ。

身長

石川選手157cm、福原選手155cm、伊藤選手150cmくらい?、平野選手157cmという中で、
佐藤選手の身長は推定160cmオーバー。
その高さは、日本女子卓球界において十分に魅力的なレベルであるから。

高い技術力とポジティブな姿勢

守備範囲が広く、攻撃も多彩。
普通カットマンといえば、粘って相手のミスを待ったり誘ったりするものだが、
佐藤選手の場合、チャンスボールがくれば積極的に攻撃を重ねていく。
マニュアル通りに漠然とゲームに臨むのではなく、
勝利を得るために、無意味な常識に果敢に挑む一面もある。

これが3つの点が、多くの人間をして佐藤選手に期待させるのだろう。

まとめ

小学生時代からブレイクする選手が多い女子卓球界。
女子卓球界で見ると、佐藤選手は明らかに遅咲きの部類に入る。

ただ、人間十人十色。
遅咲きだから不利な訳ではない。

ゴルフの前田選手しかり、遅く咲いた分、吸収しているものが多い面もある。

東京五輪に向け、多くの若い選手が育ってきている日本女子卓球界。
その有力な牽引者の一人に、佐藤選手がなることを強く期待していやまない。




スポンサーリンク



以上

 - 卓球 , , , , , , ,